手荷物検査
今日Tabiと飛行機でプラハに戻ってきたのだけど
ブラチスラバの空港で信じられない事を言われてしまった。。。

手荷物検査の順番が来たのでベルトコンベアの上ににバックや上着を乗せていると
目の前の男性係員、台の上にいきなりトレイを置いて
「さあ、あなたの犬をここにのせてX線マシーンに通して。」
冷ややかに指示してくるではありませんか!

うそでしょ!?とんでもない!
「うちの子を殺す気!?」
もちろんかたくなに拒絶しました。が、執拗に乗せろと言い張る係員。
法律でも変わったの??不安になりつつそれでも頑として拒否し続けてたら
別の女性が慌てて駆けてきて
「だ、大丈夫です。いつものように抱っこして。マシーンにはケージだけ通して。」

やっぱり!その男の単なる勘違いだったんだ。
あー...もうあまりの馬鹿さかかげんに黙ってられなくて
最後にその男につい、STUPID!と言い放ってしまった。。。
そのせいで気分を害されたのかバックを開けて中身を見せろといわれ
普段この便ではまったくチェックされないので油断して入れておいた
エスティーローダーのリップグロスを没収されてしまった...
(ジップロックに入れてなかったのです...汗)

前にエックス線マシーンに間違って赤ちゃんを通しあわてて病院に運び込んだという
おそろしいニュースをを聞いたことがあるけど、
ちっちゃいわんこが大量に放射線浴びて平気なはずないよね。
だけど、ああも涼しい顔をして当たり前のように指示されると
ついケージに入れたままペットをマシンに通してしまう人が出てしまうかもしれない。
それって怖すぎると思いませんか?

いつかTabiを連れて日本に帰国する時のこと、すでに今から心配してるんだけど
何があっても、どんなことをしても私たちのそばに置いて
日本の空港を出て彼が大きな伸びをする瞬間まで
一瞬たりとも目を離さないでおかなきゃ...と
さらに決意を硬くしたハプニングでありました。。。

d0021298_3351642.jpg

[PR]
by tabirin2000 | 2007-04-12 03:34 | About Tabi
<< お誕生日会 in Slovakia イースターはレモンの香り... >>