Tabi、マダニにやられる...
お散歩から帰ってブラッシングの最中に見つけた!
恐怖のマダニ!耳の下の柔らかい皮膚にがっつり食いついてる。
ひえ~...Tabiがわが家に来て以来、これが3匹目...

もしダニの頭が皮膚に残ったら...と思うと自分では怖くて取れない。
場合によっては手術になってしまうらしいし...
こ、こやつめ~~(><)!

d0021298_1745162.jpg


川沿いで私がのんびりサッカーの練習見てる間、こんなこと↑してるうちについちゃったのね。
急きょNobuに連絡して、秘書の人に探してもらった獣医さんに駆けつけました。


この町で初めて訪れた獣医さんは英語の話せる優しい先生、
しかもプラハでのTabiの主治医スカラ先生とお知り合という偶然。
ピンセットで慎重にとってもらった憎っくき生物はまだ小さく
ついてそう時間も経っていなかったようで胸をなでおろす。
マダニは食いついてから1日~2日で唾液とともに病原菌を出し始めるそうなので
早期発見がとても大事なんだって。。。

しかし...毎年4月ごろから本腰入れてダニ対策してるんだけど
今年は暖冬でダニの発生が例年より早い上、
なんとニトラは危険なマダニ、ライム病の大発生要注意地域なんだって!?
ひえ~...(><)

Tabiはすでにライム病含む混合ワクチンを接種してたから
大事にいたらなくて済んだけど、もちろん即フロントラインを塗布してもらい
この際ダニよけ首輪も買ってダブルブロックしちゃおうと固く決心。
ヨーロッパでは神経傷害etcの後遺症の可能性のあるライム病や
命に関わる脳炎を引き起こす可能性のある怖~い、キモ~いマダニ...
人間とわんこの両方にくっつく種類も少なくないそうで

あななたちもちゃんと予防接種しなきゃだめですよ。。」


わ、わかりました~!!今週末さっそく行ってきます(><)!
[PR]
by tabirin2000 | 2007-03-08 17:20 | About Tabi
<< お天気最高! Lazy weekend >>