Made in....
「宝探し」がすっかり趣味の一部になってしまいました。

Tabiのお散歩途中に立ち寄ったアンティークショップで
気がつけば1~2時間...なんてざら。

今週新しく見つけた穴場のお店で一目ぼれした
手巻きの目覚まし時計。1960年代のものだそう。

d0021298_54635.jpg


チッ チッ チッ チッ...。
デジタルにはないこの音、心和みます。


とりたててどうってことない普通の時計なんだけど
私の心を掴んで放さなかったのが、この文字。

d0021298_453315.jpg

今はなき、Czechslovakia(チェコスロバキア)製...

ひょっとして、今でもチェコとスロバキア、
同じ国だと思ってる人いたりして。
(......実は私もここに来る前はその中の一人でした。。。恥)


この時計が作られた60年代といえば、共産政権の抑圧の下、
自由を求める民衆の気運が高まった激動の時代。
プラハの春の民主化運動の終焉も68年、
ソ連率いるワルシャワ条約機構軍が深夜のプラハに侵攻して
チェコスロバキア全土を占領下においた「チェコ事件」は
8月20日、ちょうど先週の日曜日にあたる日でした。


89年、ビロード革命で共産党独裁支配の終焉、
93年、スロバキアとの分離、独立...

40年近くも、劇的に変わっていくこの国を見守りながら
1秒1秒、静かに時を刻んできたんだね。。。

d0021298_545563.jpg


なんだかこの子がいとおしくてたまらなくなります。
宝物に出会うってこういうことなのかも。。。

大切にするからね。

★ちなみに2番目の写真、文字の真ん中のグリーンの点↑、
 なんだろうと思ってたら、今わかりました。
 蛍光塗料!電気消して謎が解けた。。。(笑)
[PR]
by tabirin2000 | 2006-08-26 03:36 | Zakka(sundry goods)
<< おのぼりさん ザクセンのスイス >>