Tabiのその後
Tabiのことで皆さんにはご心配をおかけしています。
たくさんの方に暖かいメッセージをいただいて、随分励まされました。
感謝の気持ちでいっぱいです。。。

d0021298_130874.jpg


d0021298_1311353.jpg

ところで昨日、彼が小さいときからお世話になっている獣医のの先生を訪ねてきました。

Tabiの身体を念入りに触ってチェックして下さった後、レントゲンをとった結果、
後足や筋、内臓には異常が無く、背骨を押さえたときに小さくうなるなどの彼の症状から、
椎間板ヘルニアの可能性が高いと診断されました。


d0021298_134830.jpg

進行している場合、歩けないほどの痛みや麻痺が伴うこともあるそうですが
Tabiの場合、室内での日常生活に支障がないレベルなので
安静にして椎間板の腫れがおさまれば自然治癒する可能性もあると聞き,まずは胸をなでおろしました。


d0021298_1402941.jpg

実際今回撮った普通のレントゲンでは脊椎の内部まで映らないそうで
まずは薬を投与し,しばらく安静にして治癒しなければ,背骨に造影剤を注入し全身麻酔をした上で、場所や大きさを確認し、場合によっては手術の可能性もあるということでした。


d0021298_141192.jpg
腫れを抑える薬を注射してもらい、生活上での注意点をアドバイスいただいて診察室を出ると、待合室には10人(プラス10匹!)の患者さんがうらめしそーに順番を待ってる(><)!
あっという間の気がしたけど、実は30分も経過してて...

Skala先生、優しくて有能で、さすがに人気があるのね。納得。。。


d0021298_139826.jpg
しかし大変なのはこれから。
今日からしばらくは、自宅で絶対安静の療養生活が始まります。
痛みが少なくなるにつれ、たいていのわんこたちはやんちゃをしたくなるそうですが
そこで無理をさせると再発したり悪化することもしばしばで、
最悪、歩行不可能になってしまうこともあるそうです。怖い。。。

「とにかく、最低3週間、絶対安静!ソファに上がったり飛び降りてもダメ!」
と、念を押されてしまいました。。。



d0021298_1473678.jpg
今日は落ち着いて、食事もトイレも正常、相変わらず大人しいTabi。
このまま3週間、がんばっていい子でいてくれればいいんだけど。。。

運動不足も心配です。すでに身体が重くなってきたのはこの私(汗)。
二人でダイエットもしなくては。。。



d0021298_1491022.jpg
しばらくはストレスフルな日々が続きそうだけど
Tabiのためにも...何とか乗り切ってみせます。
見守っていてくださいね。




元気なときのtabiの写真を集めてみました。
春にはまた一緒にお出かけしたいね。がんばろね。。。
[PR]
by tabirin2000 | 2006-03-09 22:02 | About Tabi
<< のものもの宵 心配... >>